日本製サーモグラフィー サーマルカメラ PDCAM|発熱者検知専用サーモグラフィー| 医療機器の製造・販売 開発から製造まで国内で|株式会社トライアンドイー|兵庫県神戸市

開発から製造まで全て国内で!日本製サーモグラフィー サーマルカメラ

感染症予防対策に赤外線カメラ, サーマルカメラのP.D.CAM

国防権限法適合 室内設置用
赤外線サーマルカメラ P.D.CAM

Coming soon!! AI顔検知機能 薬機法に接触しない温度表示機能
感染症パンデミック対策に特化して開発!
高精度・高性能の小型サーマルカメラ

Wi-Fi接続、有線LAN接続で様々な設置場所に対応!AIテクノロジーで高精度表示、長時間のモニタリングに適しています!
P.D.CAM Viewerをダウンロードし、スマホ/タブレット(iOS、Android)、PCから常時モニタリングが可能。

※社内ネットワークが構築ができる環境(=イントラネットワーク)があれば、インターネットに接続している必要はありません。

 Smart Body、高精度、高性能なパフォーマンスを実現!

赤外線/サーマルカメラP.D.CAMは、内蔵のサーマル画像センサー(160×120pix ※80×60pix)と可視カメラを使用してサーマル画像と自然画を同時に動画撮影します。撮影された動画はリアルタイムにWi-Fiや有線LANを使用してネットワーク内に接続されたP.D.C Viewerがインストールされたデバイス(各種スマホ、タブレット、パソコン)上でサーマル画像と自然画を重ね合わせて表示されます。

ソフトウエア上ではあらかじめ健常者の頬の体温に割り当てたカラーテーブルの色と同環境下でサーマルカメラで撮影された被写体内の体温色を比較することで健常者と発熱している人を簡単に識別できます。健常者の頬の体温とカラーテーブルの割り当てはワンタッチ(特許申請中)で行えます。サーマル画像と自然画を重ね合わせていますので人体のエッジや物の形状が鮮明に見分けられます。
ソフトウエアにはアラート機能を備え、撮影されているサーマル画像内に基準温度より高い温度を感知すると自動的にサウンドとビジュアルの両方で熱の検出をお知らせします。また、弊社独自のAI機能インテリジェンスアジャスト(特許申請中)によりサーマルカメラがもたらす測定精度を低下させるさまざまな要因を常に最適化して表示させています。

体表面温度を瞬時に検知  赤外線サーマルカメラP.D.Cam

サーモグラフィー, 赤外線サーマルカメラ, P.D.CAM

 P.D.CAM 開発Concept

グローバル化が進む昨今、インバウンドの増加や異常気象などに起因するパンデミックの増加傾向が見られるにもかかわらず、政府機関の水際対策は十分とは言えず自己防衛を余儀なくされています。そのため、病院や高齢者が多く集まる施設では、外来客からの院内感染を防ぐための対策が急務です。

このような国内情勢に着目し、弊社では高精度なサーマルセンサーを使用したリーズナブルでコンパクトなネットワークサーマルカメラを開発しました。

同時に、体温に特化した表示を特徴とするアルゴリズムを搭載した専用ソフトウエアも開発しました。
P.D.CAM専用アプリ P.D.C Viewer(Android/iOS/Windows用)

本製品を利用することにより、小さいお子様から高齢者の方々が集まる施設等で、発熱者を瞬時に検知し、安全対策を講じることが可能となります。

  推奨設置エリア

サーマルカメラを空港に

施設内店舗

サーマルカメラを病院に

受付

サーマルカメラをホテルのフロントに

フロント

サーマルカメラを駅構内に

切符売場

サーマルカメラを幼稚園、保育園、学校に

幼/保育園


P.D.CAM運用事例

P.D.CAM運用事例

 PDCAMとFlirA20を比較してみましょう。

PDCAMとFlirA20を比較

サーモグラフィー/赤外線サーマルカメラP.D.CAMは、コロナウイルスのような感染症にかかった発熱者を区別するために研究を重ね、トライアンドイーが開発しました。コンパクトで軽量ながら価値のある価格、インテリジェンステクノロジー。この技術を高価なサーマルカメラと比較してみました。


 P.D.C Viewer
3種類の表示モード

※各種デバイスにはあらかじめP.D.C Viewerをインストールし、Wi-Fiや有線LANを使用してネットワークに接続する必要があります。

サーマル画像 + 自然画像

P.D.CAMに内蔵されたサーマル画像センサーと可視カメラを使用し、サーマル画像と自然画を同時に動画撮影。 撮影された動画は、リアルタイムにP.D.C Viewerが各種デバイス(スマホ、タブレット、PC)上でサーマル画像と自然画を重ね合わせて表示。

サーマル画像 + 輪郭画像

ソフトウエア上であらかじめ健常者の頬の体温に割り当てたカラーテーブルの色と同環境下でサーマルカメラで撮影された被写体内の体温色を比較することで健常者と発熱している人を簡単に識別。健常者の頬の体温とカラーテーブルの割り当てはワンタッチで行えます。サーマル画像と自然画を重ね合わせているため、人体のエッジや物の形状が鮮明に見分けられます。

サーマル画像

ソフトウエアにはアラート機能を備え、撮影されているサーマル画像内に基準温度より高い温度を感知すると自動的にサウンドとビジュアルの両方で熱の検出をお知らせします。弊社独自のAI機能インテリジェンスアジャスト(特許申請中)によりサーマルカメラがもたらす 測定精度を低下させるさまざまな要因を常に最適化して表示させます。


top