サーモグラフィー・
サーマルカメラとは

サーモグラフィーの運用法を正しく理解し、
"薬機法"に抵触しない安全で最適な装置をお選び運用して下さい!

日本製サーモグラフィー サーマルカメラPDCam

はじめに

弊社ホームページにお越しいただき、誠にありがとうございます。ホームページをご覧いただいている多くの皆様は、コロナウイルスなどの感染症対策として "サーモグラフィー"や "サーマルカメラ"といったキーワードで検索された方でしょう。

今後、サービスや業務を再開するに当たり、従業員や来客の安心・安全を守るためにどのような準備が必要か検討されているなら、ぜひ説明をご一読いただきますようお願いいたします。
これらの装置の運用法について正しく理解することが最適な機器を選択する第一歩になります。

皆様の目的に合った最適な機器をご選択いただく一助になれば幸いでございます。

Next

 導入目的と必要性能が
ぴったりマッチしていますか?

それでは、サーモグラフィー・サーマルカメラといった装置を導入するための正しい運用方法を説明いたします。

正しい運用方法をご理解いただくことで、費用対効果を含め、導入目的にマッチした最適な装置をお選びいただけると思います。

Next

 「37.5℃」を計測する装置ではない

サーモグラフィー サーマルカメラ 医療機器ではない

サーモグラフィーやサーマルカメラは「37.5℃」などの体温を表示する装置ではありません。

厚生労働省の見解によると人の体表面温度と体温の測定を目的として温度を表示するサーモグラフィー装置は全て医療機器となりますので薬機法違反の商品です。

※検温などはできません。"官公庁"、"行政機関"関係者の皆様は、購入・運用をご検討の際くれぐれも血税の導入ですので上記の点にご留意ください。

Next

 目に見えない熱を相対表示

体表面の温度は体温とは異なり、滞在している環境温度などに大きく左右されます。サーモグラフィーやサーマルカメラは、適切な場所(=計測環境が安定した)に設置し導線をつくり、発熱しているかもしれない人を正確に検知し、検知した結果を数値ではなく色で温度を相対表示する装置です。

サーモグラフィー画像, アジャスト機能, 熱のある人と平熱の人を見分ける※画像をクリックすると平熱と熱を帯びた人のサーモグラフィー画像を比較できます

 温度に色を割り付けたカラーテーブル例(弊社製品の場合)

サーモグラフィー, サーマルカメラ,感染症の水際対策に
Next

 何を行うのか

サーモグラフィー装置やサーマルカメラは、多くの方が往来する中からコロナウイルスなどの感染症により発熱しているかもしれない人を検知し、入場、入館、入室、入所、入店をお断りするための最初のスキャナーになります。

サーモグラフィー 役割はフィルタリングのための最初のスキャナー

 運用方法

サーモグラフィー サーマルカメラ 運用方法
Next

 最適な装置を選ぶポイント

導入の目的が明確になったところで、今度はその目的に適した機種選定について考えてみましょう。

装置を選ぶ際に最も重視するべきポイントは、必要な機能を備えた製品を適切な場所に適切に設置することです。

必要な機能とは、設置・運用が簡単で熱のありそうな方平熱の方を相対的に正確かつ簡単に識別する機能のことです。

Next

 高額・高性能な装置は必要か?

せっかく高精度な商品を高額で購入しても、体温/温度を表示する多くの商品は関連法規(薬機法・計量法)に準拠していない脱法商品です。

サーモグラフィー装置の運用上、次のプロセスで医療機器である体温計で検温することになります。

よくある特徴の「多くの通行者を同時に計測できる」機能は、行き交う測定距離の異なる複数の方の不正確な温度から瞬時に熱のある方を識別することは困難で、実際に運用すると不必要な機能だとわかります。

つまり、高額で高精度な製品は必要ありません。

サーモグラフィー サーマルカメラ 運用方法
Next

 必要な機能を備えた
サーモグラフィーカメラ

開発から製造・品質保証まで
全て自社(国内)で行っています

必要な機能を備えたサーモグラフィー サーマルカメラ 熱のある人と平熱の人を見分ける

弊社の赤外線サーマルカメラ P.D.Camは、感染症により発熱されている方を検出するために必要な機能に特化して開発された唯一無二の小型サーモグラフィーカメラです。

高精度・高性能、コンパクトサイズの軽量サーマルカメラですので持ち運びも楽々!設置も簡単です。

今後、コロナウイルスが収束していく中で皆様が元のサービスを再開する上で必要な対策に最適な機能を有した製品です。

 用途に合わせていろいろな場所に設置していただけます

 推奨設置エリア
サーモグラフィー,適切な設置場所,安心安全の施設整備,熱のある人と平熱の人を見分ける

  •  空港内施設(メンバー専用ラウンジ・施設内店舗等)
  •  病院・クリニック等医療機関の受付
  •  宿泊施設のフロント
  •  駅構内の切符売り場・改札等
  •  専門学校、予備校等を含む各種学校、大学等の教育機関、幼・保育園、高齢者介護施設等

 温度アラート機能

サーマル画像内に熱を検出した際にアラートを鳴らす設定ができます。アラート機能をONにしてアラートの閾値と鳴っている時間を設定することができます。

 アラート連動録画機能

サーマル画像内に熱を検出した際にアラート機能と連動して動画を録画することができます。この機能により無人でも常時モニタリングが可能です。

Next

 使用目的に沿った運用方法

サーモグラフィーカメラ, 正しい設置方法

 P.D.Camの適切な運用

P.D.Camの最大にして無二の特長は発熱の可能性のある人を できるだけ簡単な操作で選別できる ことです。
そのための重要な機能が「P.D.Cam Viewer」(P.D.Cam専用ソフトウエア)の「アジャスト」機能です。

まず、平熱の方で基準値を設定(=「アジャスト」)します。
大方平熱であると仮定するなら大半の方が緑色(あらかじめ温度に対してカラーが割り付けられています)で表示されるようにアジャストすることで、それより体表面温度の高い人が検出されると、アジャストで設定した基準値より高い温度に割り付けられた色で表示されます。

このように一目で簡単に発熱の可能性のある人をスキャンできる仕組みがP.D.Camの最大の特徴です。

アジャスト機能について詳しくは FAQ(接続編)よくある質問をご覧ください

Next

 多様なデバイスに対応

新たにモニタリング用のデバイスを購入する必要はありません。専用アプリ「P.D.Cam Viewer」をインストールするだけでパソコンはもちろん、お手持ちのスマートフォンやタブレットがサーモグラフィー専用モニターとしてお使いいただけます。

パソコン スマートフォン タブレットがサーモグラフィー装置に早変わりP.D.Cam専用アプリ「P.D.Cam Viewer」をお手持ちのデバイス(パソコン、スマホ、タブレット)にインストールするだけ!

 PC /スマートフォン /タブレットがモニターに!

「P.D.Cam Viewer」は使いやすさを重視したシンプルなUIを実現!どなたでも感覚的に簡単に操作していただけます。

サーモグラフィー, サーマルカメラ,感染症の水際対策に
Next

 多様な接続方法に対応

P.D.Camはさまざまな接続方法に対応していますので、目的に応じた接続方法をご選択いただけます。

 目的に応じて接続方法をご選択いただけます

※画像をクリックすると拡大図でご覧いただけます

pdcam接続方法 ルーターを経由してネットワークに接続 pdcam接続方法 Lanケーブルでつなぐ(PC編) pdcam接続方法 USBケーブルでつなぐ(PC編) pdcam接続方法 Lanケーブルでつなぐ_iOSの場合 pdcam接続方法 USBでつなぐ_PC編 pdcam接続方法 USBでつなぐ_Android端末の場合
Next

P.D.Cam導入にかかる費用は?

弊社のサーマルカメラP.D.Cam(ピーディーカム)は、従来の高額な工業用サーモグラフィー装置とは運用目的がそもそも異なります。

自社製造・自社販売  製品のコストダウン化を実現!
設置はお客様ご自身で行っていただきますので、装置導入後の「ランニングコストはゼロ!」

モニタリング用デバイスにインストールしていただく専用アプリ「P.D.Cam Viewer」はもちろん無料でご提供!

 つまり、P.D.Cam導入にかかる費用は初期費用のカメラ本体のご購入代金のみ!

 P.D.Camが生み出す安心

サーモグラフィー, サーモグラフィ, サーマルカメラ P.D.Cam

このような安心・安全の環境整備は企業イメージの向上に必ずつながることでしょう。

Next

P.D.Cam製品情報

P.D.Camについて、詳しくは   製品情報をご覧ください。

 【サーモセンサー サイネージ】設置のご相談は
「LED看板のセイビ堂|IoTソリューション」へ

サーモグラフィー デジタルサイネージ 電子看板 サーマルカメラpdcam
サーモグラフィー デジタルサイネージ 電子看板 サーマルカメラpdcam

top