温度を色で感じよう!発熱者検知専用 超高性能小型サーモグラフィーカメラ/赤外線サーマルカメラP.D.CAM(熱画像で発熱者を瞬時にチェック)|高精度 高性能 低価格|医療機器製造/医療機器製造販売 輸入販売業|株式会社トライアンドイー

温度を色で感じよう!
サーモグラフィーで発熱をチェック

サーマルカメラ,病院の受付に

弊社ホームページにお越しいただき、誠にありがとうございます。ホームページをご覧いただいている多くの皆様は、コロナウイルス対策として "サーモグラフィー"や "サーマルカメラ"といったキーワードで検索された方でしょう。

「何が行えるのか?」or「何を行うのか?」

これらの装置の運用法について正しく理解することが最適な機器を選択する第一歩になります。

サービスや業務を再開するに当たり安心・安全の水際対策に、また、健常者に感染させないための手段としてこのような装置の導入を検討されているなら、スクロールしてぜひ説明をご一読いただきますようお願いいたします。
皆様の目的に合った最適な機器をご選択いただく一助になれば幸いでございます。

scroll

はじめに

サーモグラフィー サーマルカメラは医療機器ではない

インターネットの検索で、"サーモグラフィー" や "サーマルカメラ" といったキーワードで検索するとたくさんの機器が表示され、どの機器を選択すればよいのか迷われることでしょう。

まずは、これらの装置は医療機器ではないので体温を計測することはできないということをご理解いただきますようお願いいたします。

Point1
何が行えるのか?何を行うのか?

設置の目的と機能が一致しているか

それでは、サーモグラフィー/サーマルカメラといった装置を使って「何が行えるのか?」「何を行うのか?」
正しい運用方法をご説明いたします。

Point2
スキャナーとしての役割

スキャナーの役割

サーモグラフィー/サーマルカメラといった装置は多くの方が往来する中からコロナウイルスにより発熱しているかもしれない人を検知し、入場、入館、入室、入所、入店をお断りするための最初のスキャナーになります。

Point3
温度を色で感じましょう!

サーモグラフィーやサーマルカメラは、適切な場所(大勢の人が往来する場所や施設等)に設置し、発熱しているかもしれない人を検知します。検知した結果を数値で表示するのではなく、あらかじめ温度に割り付けられたカラーで表示する装置です。

※画像は弊社の製品 P.D.Cam(ピーディーカム)で実際に撮影したサーモグラフィー画像(自然画像表示モード)とP.D.Cam Viewer(ピーディーカムビューワー)で設定している色の割り付けを示す図を使用しています。

サーモグラフィー画像, アジャスト機能, 熱のある人と平熱の人を見分ける
 画像をクリックすると平熱 or 熱を帯びた人のサーモグラフィーを比較できます。

サーモグラフィー画像 色の割り付け
 温度に割り付けられたカラーテーブル
※画像をクリックして拡大図でご覧ください

Point4
体温を計測するための機器ではない

「37.5℃」――よく目にするこの数値は体温計(接触/非接触型)で計測された温度を表す数値です。

マスメディアの間違った発信により勘違いをされる方が多数おられるようですが、サーモグラフィーやサーマルカメラは体表面の温度を計測することしかできないのです!
体表面の温度は体温とは異なり、滞在している環境温度によって大きく左右されます。

Point5
高額/高性能な装置は必要か?

サーモグラフィーやサーマルカメラのような装置の真の目的は何でしょうか?

それは多くの方が行きかう中で単に熱のありそうな方平熱の方とを見分けること!

せっかく高額で高精度な商品を購入しても、結局は医療機器である体温計で検温することになるわけです!つまり不要に高額、高精度な製品は必要ありません。

発熱者を検温

Point6
装置を選ぶ際に重視するべき点は?

サーモグラフィーカメラ, 推奨設置エリア

必要な機能を備えた製品を適切な場所に適切に設置することです。

必要な機能とは、設置・運用が簡単で熱のありそうな方平熱の方を相対的に正確でかつ簡単に識別する機能のことです。

唯一無二のサーモグラフィーカメラP.D.Cam(ピーディーカム)

サーモグラフィー サーマルカメラpdcam

弊社の P.D.Cam(ピーディーカム)とP.D.CAM Viewer(ピーディーカムビューワー)は感染症により発熱されている方を検出する目的に特化して開発された唯一無二の小型サーマルカメラです。
今後、コロナウイルスが収束していく中で皆様が元のサービスを再開する上で必要な対策に最適な機能を有した製品です。

難しい操作は必要ありません

P.D.Cam(ピーディーカム)は人間の体表面温の検出のみに特化して開発されたサーモグラフィーカメラです。適切な場所(大勢の人が往来する場所や施設等)に設置し、発熱しているかもしれない人を検知してその結果を数値ではなくあらかじめ温度に割り付けられたカラーで表示する装置です。
また、P.D.Cam専用ソフトウエア「P.D.Cam Viewer」は、ユーザビリティーを重視したシンプルで使いやすいUIを実現しています。どなたでも簡単に操作していただけます。

P.D.Camは、軽量・コンパクトかつ高精度・高性能のサーモグラフィーカメラなのです。

※P.D.Cam Viewerの操作画面(  クリックしてご覧ください)

サーモグラフィーカメラの適切な運用方法, アジャスト機能

Adjustについて

P.D.Camの適切な設置環境と運用方法について  図をクリックしてご覧ください。

P.D.Camの最大にして無二の特長は、発熱の可能性のある人をできるだけ簡単な操作で選別できることです。

そのための重要な機能がP.D.Cam Viewerの「Adjust」機能です。

まず、平熱の方で基準値を設定します、(<==この操作を「Adjust」と呼びます)
大方平熱であると仮定するなら、大半の方が緑色(あらかじめ温度に対してカラーが割り付けられています)で表示されるようにAdjustすることで、それよりも体温の高い人が検出されるとAdjustした基準値より高い温度に割り付けられたカラーで表示されます。

このAdjust機能により一目で簡単に発熱の可能性のある人をスキャンできる仕組みがP.D.Camの最大の特徴です。

サーモグラフィーカメラの適切な運用方法, アジャスト機能

P.D.Camが唯一無二な理由

P.D.Cam(ピーディーカム)はサーマルセンサを使用し、健常者の体温と熱を持った人の体表面温度を色の違いから視覚的に見分けることを目的に開発された装置であることはおわかりいただけたと思います。

サーモグラフィー サーマルカメラpdcam

P.D.CamのAdjust機能がすごい!!

ところで、中には例えば、真夏など外気温が非常に高いところではみんな赤色に表示されるのでは?という疑問をお持ちになる方がいらっしゃるかもしれません。

みんながオレンジ色から赤色で表示されるようなサーモグラフィーでは、確かに健常者と発熱者を「瞬時に見分ける!」というわけにはいきませんね。

P.D.Cam(ピーディーカム)の「Adjust機能」は、まさにこのようなときに力を発揮する機能なのです。

― ここで威力を発揮 ―

例えば真夏、平熱の方の頬やあごのあたりで基準値を設定(Adjust)する場合、外気温が高い影響で仮にオレンジから赤色で表示されたとしても、このAdjust機能で基準色を微調整することができます。

Adjustの「▲▼」ボタンの▼でオレンジ色から黄緑色に基準値の表示色を変更しておいたとします。すると、基準色に設定した温度より高い熱を持った人を検出すると、基準色より高い温度に割り付けられた色で表示されます。
一定の条件下では、このようにあらかじめ表示色をAdjustで微調整しておくことで、たとえ真夏であっても健常者と発熱者を一目で簡単に識別することが可能となるわけです。

top